どれぐらいの給料になっているか

ドライバー

タクシードライバーは、比較的参入障壁の低い職業になります。特別に学歴を必要とするわけでもなく、中途採用でも採用してくれるところは多いです。ただ、実際にタクシードライバーとして働く場合にはその年収などが気になるところです。年収に関しては、人によって大きくことなるためあまり平均値を出す意味はありません。それよりも、給料がどのような仕組みで支払われるかを知っておくとよいです。基本的に、タクシードライバーの場合には営業マンと同じように歩合制になっているところがよくあります。歩合制とは、基本給が支払われて、それ以外にどれだけその月に乗客を乗せたかによって給料が上乗せされる仕組みです。そのため、頑張れば平均的なサラリーマンよりもはるかに高い給料をとることが可能になります。逆に、営業活動を怠っていればあまり給料が入ってこない仕事の一つです。儲けるためには、可能な限りたくさんの人を乗せるよりも一人の人を長い時間乗車させた方がよいでしょう。

収入が少ないという悩みごとを解決するには

タクシー乗り場

今までタクシードライバー以外の仕事をしていて年収が少ないと感じた場合には、タクシードライバーになるのも一つの方法です。仕事の仕方によっては、年収が大幅にアップする可能性が高いからです。年収をアップさせて悩みごとを解決する方法の一つは、緻密な情報収集にあります。例えば、自分が営業しているエリアで大きなイベントがある場合には、そのイベントの近くまで行けば簡単に乗客を乗せることができるようになります。また、そのような大きなイベントがなくても、結婚式場などの周辺をうろつくことで、お客さんを探すことができる可能性が高まります。特に遠くから来たお客さんならば、「駅まで送ってほしい」などと注文されることが多く、駅までの距離が遠い結婚式場ならばそれだけで儲けることが可能になります。後は、常にタクシードライバーとして様々な話題に精通していくことが大事です。そのためには、新聞やテレビのニュースそして週刊誌などを読んでおくことが必要です。特に、話題のニュースに関しては平均以上の知識を持っておくと、お客さんとの会話をするときに困りません。人によっては、人生相談を受け付けてくれるタクシードライバーもいます。このように、個性的なタクシードライバーならば、常連客もつきやすくそれだけで年収をアップさせることが可能になります。個性を発揮することは重要ですが、可能な限り自分自身の得意分野で個性を発揮すればより収入が高くなりやすいです。