HOME>オススメ情報>道路工事における交通整理の警備は女性の担当もあり得る

警備の仕事にはたくさんの種類がある

警備員

ガードマンと言う言葉は以前ほど使われなくなっており、多くの人はこの職に就いている人に対しては、警備員と呼ぶようになっています。若い人はご存じないかも知れませんが、昭和の時代には宇津井健さん主演で「ザ・ガードマン」と言うテレビ番組が放映されていたものです。しかし実際のガードマンはテレビの活躍と違い、地味な仕事が多く、厳しい環境下に置かれることも多いのが特徴と言えます。多くの人が目に付く警備の仕事には、道路工事における誘導員ではないでしょうか。炎天下であれ、風雨の強い日であれ、吹雪でも関係なく、車の誘導を行う作業があり、忍耐力のいる仕事と言って良いのでしょう。

現金輸送と言った大役も

警備員

ガードマンと呼ばれる人が行う警備でもっとも厳しい警備になるのが、現金輸送と思われます。特殊仕様の現金輸送車を使う仕事は、危険を伴う緊張感のある仕事になるからです。犯罪を防ぐ意識を強く持つ必要があることから、万が一の待ち伏せに対する応対、特殊警棒やヘルメットの着装、安全靴を履くなどの警戒を怠らないようにしています。これらの仕事は一瞬のスキを見せてもいけないことから、常に緊張感を持ち続ける必要に迫られることになります。

厳しい環境におかれる仕事も

警備員

現金輸送の警備につくガードマンには、座学だけでなく実地の研修も行う必要が出て来ます。警備義務や警備業法を知る必要や、警備の方法を体で覚えることも行います。刃物や拳銃を持った人に対しても、相対出来るような本格的な防護訓練も行われ、更には運転技術の向上と言った研修も行われます。厳しい訓練を得て警備の仕事に付く訳ですが、日ごろから意識向上も常に訓練される厳しい環境におかれているのです。誰もが簡単に就くことが出来る職業ではありません。